大人の夏休み日記

大人だって夏休みほしいじゃん?

⑩愛着障害のある自分との向き合い方

さて、初めて聞く人もいますよね。愛着障害って言葉自体。

ていうか。(´・ω・`)

やなんですよねー私。障害って言葉がつくの。
なんか、すんごい悪いことみたいなイメージで。

でも世の中的には愛着障害といわれてます。

 

私の勝手なイメージ的に言えば、『愛着の壁』って感じですかね。

 

で、思ったんですけど、コレってみーんなみーんな、あるんじゃないかな。
全くない人って、多分いないと思います。というのは、担当医の先生が言っていた言葉をお借りすると

「何がしかの障害というのはなだらかなスロープになっていて、それがある一定のところに来ると、◯◯障害という名前がつく

てことなわけです。

あ、すみません、そもそも、愛着障害というのはなんなのかって話ですよね。

※私の中の理解したイメージを言葉にしているので、きちんとした説明は専門家の方が書いたHPがたくさんありますので、読んでみてください。

Wikipediaにも載っているんですが、私の理解は、またそれとは違って、

要は前回のアダルトチルドレン

zhiwill4zhang.hatenablog.com

 でお伝えしたような、幼少期の経験というものから形成される、

大人になった自分の「人の愛し方」って感じですかね。

 

イメージですけど、まぁ例えば、父親に似た人を好きになるとか、

そういうのがなだらかなスロープでいう低い方。
で、私の場合は⑧の記事

zhiwill4zhang.hatenablog.com

 で紹介してますが、素潜り経験(笑)のせいで、

誰かの「助けて」や「聞いて」に、めちゃくちゃ反応してしまうんです。

おそらくそれが、私の愛着の壁『障害』と名のつく一線なワケですね。

ここで初めて、自分の愛着の壁と向き合うワケです。

先生に聞きました。どうすればいいのか。

「自分に、そういう危うい部分があるという事を、きちんと理解しておく事。そして、共依存にならないよう、注意しておく事」

はいまたでたー( ゚Д゚)

NEWワード、共依存

共依存は、それこそ注目されてかなり長いので、詳しく書いてあるページはたくさんあります。興味ある人はGoogle先生に聞いてみてください。

 

で、私の雑な性格で、ザクっとした説明をしますと、

共依存とは愛着障害のある人同士が共鳴しあってお互いに依存し合う事。

 

要は、皆さんご存知、DVの夫婦関係なんかがそうですし、アルコール依存症の夫を支え続けて自滅する妻とかも、その一種なんじゃないかなぁと。(※私見です)

 

でもね、正直言いますとですね、ラブラブ♡に見えようが、冷めた感じに見えようが、力関係の比重のバランスがおかしかろうが、私にはみーんな、誰しも愛着の壁があって、そこに共鳴しあっているように見えるんです。レゴがはまる的な。

 

だって、人間てそうやって繁榮してきたワケじゃないですか。

なので、危険なのは、自分を知らないこと。

そして相手を見極める事。

初登場ですが、おおおおおおおおおきなキッカケとなった、⑥で

zhiwill4zhang.hatenablog.com

 ずっと触れてこなかった(3)トリガーとなった事、コレが私が本当に悩んだ事でした。

今まで私は、そういう誰かの「助けて」「聞いて」に反応して、そういう人を放っておけなかったんですよね。


そんで、時にはその人の中にある海に潜って、その人の探している何かを、探してみたりしてたワケなんですね。

そんで、引っ張り上げて「はいどーぞ」って渡してたわけです。

どんな相手も、いつも。

が、しかーーーーし。

どうにもならない人っているんです。

いや、これについては、あとで書きますが、そういう人に出会ったことがなかったので、とんでもなく自分を過信していたんだと思います。

しかも、そういう人に共鳴してしまう愛着の壁が私の中にあったワケです。

なので、今回の記事の結論
愛着障害のある自分との向き合い方は

  1. 単純に自分を知っておけばそれで問題なし!
  2. そういう相手が共鳴してきたら、逃げる!!!(笑)

⑥記事の(3)トリガーとなったことについては、またコレ大きなことなので別にまとめます。