大人の夏休み日記

大人だって夏休みほしいじゃん?

依存症

依存症を考え始めたきっかけは、ある人が、私から見ると異様な状況、

正直依存症に見えたから。


そして、気がつくと、友人の中には、自分の理解できないことに依存している人、(ギャンブル、お酒等)が、いたわけです。

 

「・・・え?ちょっとおかしくないか?」

 

と、感じてしまう。でもやめられない。

相手にそれを伝えても、本人はおかしいと思わない。

むしろわかってやっている。

 

何の病気もそうですが、担当医の先生が言っていた言葉。

「本人が治したいと思わない限り、絶対に治らない」

 

・・・これって、本当に難しい問題なんだなと。

 

直接そういう人と関わったことはありませんが、薬物依存症の人なんかは、その極みで、本人の意思はもう働かなくなって、抜け出せなくなってしまうんだろうな、と。

 

で、身近なところから紐解こう、とまず思いました。

 

まずは、買い物依存症

むかーし、仕事の先輩が

『お買い物中毒な私!』という映画を見て、「あー私まさにこれ。」と。

内容的にはかなり昔に観たのではっきりと覚えていませんが、借金して、ローン組んで、それでも物欲が止まらず、買って買って買いまくって、いつのまにか首が回らなくなっていく、なんかそういう話だったような気がします。

オチが気になる方は、どうぞご覧になってください。(ぶん投げ。笑) 

そんな面白かったかどうか、私が覚えていないということは、、、お察しください。

 

映画の中の人物は借金してまで買い物し続けるわけですが、私が異様だなと思った人たちは、借金するほどではありません。(私が知らないだけかな?)

 

ただそういう人たちって、基本部屋が、物で溢れかえる。

でも、溢れるのが嫌だからすぐ手放す。

(手放さずずっと持ってる人もいるでしょうけど)

きっと手に入った瞬間、それはきっともうどうでもいいんでしょうね。

新品、もしくは数回しか使っていないのにも関わらず、次(私には似たようなものにしか見えない)を買う。

それを延々繰り返す。

 

周りが「ちょっと。。。?」と軽く止めても「やめなよ!」と強く止めても、止まらない。

普通にそういうのって、誰しもあると思うんですよ?

でもそうじゃない。物欲が止まらない様子を

周囲が見て異様だと思う状況

 

☆ある人の場合、物を買いまくるせいで貯金ができないといってました。(まぁこれは買い物のせいとは言い難い。)

☆ある人の場合、すぐ要らなくなってしまうので新品同様なのに捨てては買ってを繰り返してました。(捨てたものをフリマか何かと勘違いして勝手に持っていかれて「怖いですよねぇごみ漁って」と。いや新品をそのまま捨てる君が怖い。)

☆ある人の場合、四六時中買い物が頭から離れず、いつでもどこでもずっと買い物。部屋が物で溢れ返ってました。

 

※今回のテーマは物欲を止められない人の話です。薬物依存症などのどうにもならないことを言ってるわけではないですよ。

 

そもそも『欲』というのは、人間が生きる意欲になる根源でもあるので、否定はしません。

でも、それをどこから依存症と呼ぶのでしょうか。

周りがみて、「この人はおかしい」と思った段階?

本人が「なんか自分って変なのかな?」と思った段階?

本人が「このままじゃマズイ」と思った段階?

 

で。

私の物欲はそもそも低いですが、何かを欲しいと思う欲も、それなりにあります。

 

うーーーーーーーーーん。

 

よく、わかりません。
グレーです。ごめんなさい。

 

偉大な人たちが作り上げたブランドやメーカ品を、私自身に持つ価値が値すると思ったものは、欲しいと思います。

 

ブランド品だけでなく、自分に似合うなと思ったものは、欲しいと思います。


お洒落なものは、普通に好きですし、服飾勉強してたから、服も好きです。
自分の好きなブランドも、実はちゃんとあります。

 

私がこれまでもらった高価なものや、自分で買ったもの、そういう大事なものって、子どもに引き継げるぐらい大事に使わなきゃなとは、思います。

 

それに、いただいたものには、くれた人の思いや意味がこもっていると思うんですね。なので、大切にしなきゃなとは、思います。

 

で、今や不要なものは、ネットやアプリでガンガン売れるし、むしろそうやって必要な人に必要ない人が売るっていうのは、環境問題的にもOKだとは思う。

 

けど、物欲のない私の中では、よくよく考えると、


「そもそも買わなきゃ、よくないか?」

 

てなるわけです。

 

。。。ていうか。

物欲がない私は、『生きる欲』みたいなのももしかしたら低いのかもしれませんね。

雑貨屋さんとか行っても、困るんですよ。女子がキャッキャするようなところっていうんですかね。

 

何でも選ぶのにあまり時間をかけないので、瞬間で決めます。たぶん最大で5秒。

それってもしかして、私の方が変なんでしょうかね。(笑)

まぁいいですよ、変で(゚д゚)!

 

ただ、そういう人たちを見ていると、なんか、虚しくなっちゃうというか。

「この人はいったい何を得たら満足するんだろう」って。

 

買い物しまくる人を「依存症」と呼んでいいのか、どうか、わかりません。

ただ、そういう人に実際に接すると、ほんと病気だなって、思いました。

病気、すなわち、本人には自覚症状がないし、コントロールもできない。

 

で、そういう人って、指摘しても伝わらない。

治したいと本人が思わない限り。

なんか、見ていて、切ない。途方もなく、苦しくなる。

依存症治す方法って、

どうしたら良いんでしょうか?

 

そもそもどこからを「依存症」と判断したらよいのでしょうか。

 

ちょっとじっくり考えてみます。


あと尊敬する人々に聞いてみます。

 

 

今回はだいぶモヤっとした感じで終わっちゃった。

(´・ω・`)ショボン

f:id:zhiwill4zhang:20181009154238j:plain